観察レポートNo.000 夢は追うもの?掴むもの?

最初だけ、大人観察ではなく香里武の考えを書きます。

 

 一般的な人:「夢は追い求めるものだ」

 香里武  :「夢はやって来るものだ」

 

「夢追い人」なんていう言葉がある。

けっこう悪いイメージで使われることがある。

夢を追って何が悪いんだ!?

いいじゃないか、アツくて!

生きてるっていう感じがしていい。

 

でも、こうも考えられないだろうか。

夢というものは、考えて、話して、動いていると、

いつの間にか向こうからやって来る。

ただ待っていても来ないが、構えがあればやって来る。

来夢人は、夢を迎え入れるための構えがある人なのだ。

 

その構えが、いかにシンプルなものであるか、

今後の大人観察記を通して感じてもらえたら嬉しい。

そして同時に、シンプルだからこそ、

忘れられがちだということにも気付いてほしい。

来夢人の人口は、まだまだ多くはない。

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 観察日記【来夢人の目】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク