観察レポートNo.013 運の良さはアンテナの鋭さ

 

 一般的な人:「運の良さは生まれもったもの」

 来夢人  :「運の良さは自力で高められるもの」

 

知能、体力、気分、収入、幸福感、悪知恵、運、、、

これらの中で、高めていけるものはどれだろう?

 

来夢人は、「全部」と答える。

そう、来夢人は運さえも高めてしまうのだ。

いやいや、幸運の壺を買うとか、そんなんじゃない。

実は、運を高めるのは、収入を高めるよりもずっと単純なのだ。

 

文章題を解くとき、一度問題を見てから本文を読んだ方が、

速やかに答えが見つかるのはなぜだろう?

それは、答えに導いてくれるキーワードを

見つける態勢になっているからだ。

アンテナが鋭くなっている、と言った方がいいだろうか。

 

同じように、欲している物事を意識して生活していると、

普通なら気づかないで通り過ぎてしまうような

夢に繋がる鍵を逃さずキャッチできるようになる。

これが、傍から見ると「運が良い」ということになる。

 

会いたかった人に会えるのは、偶然ではない。

会いたいということを周りの人にアピールしていたことで、

紹介してもらえるかもしれない。

もしくは、会えそうな場所で待っていたら現れるかもしれない。

いずれにしても、ただ待っているだけでは確率は低いままなのだ。

 

「運の良い人が夢を叶える」という固定観念は、

「自分は運が良くないから無理だ」という誤解に繋がりかねない。

来夢人が運を高めていく姿を見たら、

もはやその誤解は言い訳になってしまうので、ご注意を。

 

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 観察日記【来夢人の目】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク